企業も個人も利用可能

卓上カレンダーやうちわなどのオリジナルのものを作ってくれる業者がいます。ノベルティグッズの作成に使えるので、利用している企業は多いでしょう。また、印刷所も同じく利用者が多いですね。しかし、印刷所は企業だけが利用するもの、というイメージはとうの昔のことということを知っておいて欲しいです。今では同人活動や地域の活動で印刷所を利用する個人も増えています。もちろん、パッケージデザインなど企業向けの広告に特化した利用をすることもできますから、作ってみたいものがあるならどんどん利用していきましょう。

パッケージデザインを一新したい!頼れる会社とは?

印刷

その分野のプロ

その製品の特徴を掴み、アピールするのがパッケージデザイン会社のするべきことです。日用品や食品など、頼みたい分野でトップクラスの成績を残しているデザイン会社を優先的に選ぶことが大事になってきます。

パッケージデザインに特化している

デザイン会社といっても、建築デザインをしているところもあれば雑誌の制作をしているところもあります。パッケージデザインを頼みたいなら、パッケージデザインを多く手掛けているところにしましょう。

柔軟に提案をしてくれるところ

デザイン実績で決めるのも良いですが、要望に合わせた提案をしてくれるかどうかも重要なチェックポイントの一つです。依頼する側からもしっかり提案して、返答を待ちましょう。

紹介するものが違えばデザインも違う

その商品を紹介するためのパッケージデザインですから、基本的には紹介するものによって内容は変わっていきます。製品の概要そのものだけでなく、だれが使うのか、という点でも作り方は違ってくるので複雑なのです。

パッケージデザインは製品によって作り方が違う

食品

基本的には写真を使って中身を大きく見せることで訴求性が高められます。写真を使わないケースもありますが、その際にはレストランの看板など食をイメージさせることが大事です。

化粧品

使う人によって注目する成分が変わってくるので、成分や商品名を大きくアピールするパッケージにすることが大事です。ブランドも訴求ポイントの一つなので、それを考慮する必要もあります。

ポストカードや同人誌の印刷を対応!

製品はパッケージデザインで売上が決まるので作り方に注意!

広告

製品づくりをしている人は色に注目

パッケージデザインや印刷をする際には色がどのように出るのか、ターゲットとしている人にとってどんな色が目を引くものなのか、それを知りたいと感じることでしょう。基本的には企業で広告や製品を作っている人は分光器を使って色味を調べています。企業用に製品が提供されているので、制作担当の人は注目してみても良いでしょう。

カラーチャート

分光器の購入を検討する

分光器は気軽に購入できますが、まずは検討してみたいという人はサンプルで測定サービスを利用することも可能です。サンプル測定は分光器を提供しているサイトから申し込むことができます。もし購入する際には見積を出してもらうこともできますし、サンプル測定の結果を社内で稟議してみるのも良いです。また、もし故障して修理することになった場合に備え、すぐに駆け付けてくれるところを選ぶようにしましょう。

パッケージデザインはプロに依頼☆

[PR]
卓上カレンダーの製作を実施中♪
対応価格を事前にcheck☆

[PR]
自炊代行の専門業者!
無料お試しキャンペーンを実施中

[PR]
同人誌の印刷を申し込み
業者がすぐに対応してくれる

名入れカレンダーをお手頃価格で作成☆

[PR]
印刷通販サイトを利用しよう
コスパ◎なサービスを提供してくれる