ロゴ

分光器があれば色の測定が可能!委託という方法が便利

>レポート>デザインの仕事をしているなら必須!分光器の知識と貸出状況

デザインの仕事をしているなら必須!分光器の知識と貸出状況

色見本

色の測定に関して

色を識別する測定に関してこの測定を実施する際に分光器の存在は欠かせません。色の見え方は光の波長によると言われています。光は周波数ごとによってその色合いや特徴が変わってきます。光の領域はこの波長によって変わってきます。その領域に対して名前が付けられておりそれぞれはX線、紫外線、赤外線などと名前が定められています。実際に目に見える領域に関しては可視光線などと名前が付けられています。これらの光の領域や色の測定に分光器を使用します。この機械は光のスペクトルを測定する事ができるように作られています。この機械とパソコンやソフトを利用すれば測定した光のデータを得る事が出来、グラフなどに抽出する事が出来ます。分光器は光や色の測定に使用します。

print

外部機関を利用

光や色の測定を実施するには自社で行うより外部機関を利用する事をお勧めします。光や色の測定には分光器が必要となります。この機械は決して安価なものではありません。検体のセッティングなど機械の扱いになれる事が必要です。また、企業などで管理する場合、ISOなどの国際規格を取得している場合には使用によっては年に一度の校正が必要になります。管理面での対応を会社で行わなければなりません。光や色の測定は専門の国際規格を満たした業者などに委託する事が出来ます。測定費用を抑えたければ県などの産業センターに行けば分光器の利用も可能です。産業センターなどの場合、1時間につき岐阜の場合だと430円で借りる事が可能です。